採用情報

※写真をクリックすると、各スタッフの声をお読みいただけます

スタッフ紹介 [Staff's Voice]

スタッフとコミュニケーションをとりながら仕事を遂行していくことにやり甲斐を感じる [BPO (アウトソーシング) 営業/西日本支社]
voice001

 学生時代から人材派遣の仕事に興味があり、『セルート』ではその業務を新しく立ち上げたばかりということに惹かれて入社しました。

 入社後、当社の数ある拠点の中で、最大規模を誇る西日本支社へ配属になりました。本社に比べるとスタッフの人数は少ないので、そこで求められるのは、営業、運行管理、配送員管理、経理、総務といったあらゆる分野の業務において、柔軟に対応する能力でした。

 本社であれば、自分の守備範囲の仕事に専念すればいいのですが、支社では発生するあらゆる業務をこなしていかなければ、仕事が滞ってしまいます。あらゆる分野の業務に関わることにより、会社がどのように成り立っているのかという仕組みも理解でき、日々貴重な経験が出来ていると実感しています。

 現在、私がメインで行なっているは、人材派遣の営業です。当社が得意としている派遣スタイルは、スタッフを数名から数十名単位で派遣し、その中心に派遣先リーダーを配置する「ユニット型派遣」というパターンです。

 担当しているお客様先に派遣しているスタッフは、商品を運ぶ車両の配送管理や在庫管理などを主に行なっています。そこで働くスタッフの教育やシフト管理といった部分も当社が行なっています。そこでのスタッフとコミュニケーションを密にとりながらお客様に満足してもらえるよう奮励するのは、仕事として大きな魅力とやり甲斐を感じます。

 『セルート』には、すべての社員の意見やアイデアを積極的に受け入れる社風があるのです。このリベラルな雰囲気が、入社して感じた魅力です。社員の意見に積極的に応える社風に魅力を感じます。

ページトップへ

チャレンジしたい気持ちを後押ししてくれる会社だと思う [オペレーションマネージャー/東京本社]
voice002

 私が、入社して最初に配属されたのが横浜営業所でした。

 運送業界での経験もないまま、営業所長に抜擢され奮闘する日々でした。所長としてさまざまな経験を積み、少し物足りなさを感じ始めた頃、本社オペレーションチームへの転勤が決まりました。所長業務には十分にやりがいを感じていましたが、その中でも特に『配車』という分野に興味を持っていました。転勤を決意したのは、興味があるならやってみろ、という上司の何気ない一言がきっかけでした。当時は、発注から引き取り、そこからお届けするまでの移動時間の算出法は、配車マンと呼ばれるスタッフの経験則によるものでした。そのため発注を受けたオペレーターはその度に電話を保留して、配車マンの指示を仰がなければ算出できませんでした。そこで、バイク便のオペレーションシステムを一新しました。

 これまで蓄積した配車マンの経験則を、運行管理に基づく計算値で求めるように改変しました。そのことでオペレーターが、配車マンを経由することなくスムーズに配車ができるようになり、お客様からの電話発注の際に、荷物の引き取り時間とお届けの到着時間の両方をより正確にお伝えできるようになったのです。

 全ては、お客様にはよりよいモノを提供し続けていきたいという信念ですね。また、新システム導入により現場スタッフの仕事の流れがスムーズになったのを見ていると、こちらも嬉しくなりますよね。今後は、さらにこのシステムを進化させられるように今も頑張っています。

 『セルート』は、とにかく間口の広い会社だと思います。運送屋さん的な考えでは違和感を覚えるかもしれません。何事にもチャレンジしていきたいという人にお勧めしたい会社です。

ページトップへ

チャレンジしたい気持ちを後押ししてくれる会社だと思う [オペレーター/東京本社]
voice003

 バイク便の配送依頼を受け付けるオペレーション業務を担当しています。スタッフは20人で、主に都内や関東近県の配送依頼に対応しているのですが、私の場合は都内から福岡や大阪、札幌や仙台などといった全国配送の依頼をメインに受け持っています。

 通常のオペレーション業務の流れは、受け付け、配車の確認、そしてお客様に荷物のピックアップの予定時間などをお知らせして完了となります。けれども全国配送の場合はとても複雑です。

 まずは集荷した荷物を東京駅や空港などに配送する手配をし、と同時に何時の便に載せられるかを調べ、さらに地方の協力企業に荷物をピックアップしてもらう手続きをして、最終的に何時頃に荷物を届けられるかをお客様にお伝えしなければなりません。交通機関の運行時間を調べるのが大変で、初めの頃は運行していない便で予定を組んでしまったという失敗もありました。でも予定より早い時間で荷物を届けることができた時など、お客様にとても感謝していただけたりします。この時はやっぱり嬉しいですね。この仕事に就いて本当に良かったと思える瞬間です。

 『セルート』に入社してまだ2年目ですが、目標は何といっても早く一人前になることです。

 先輩オペレーターのなかには10年選手のベテランの方もいらして、もう何でも知り尽くしているという感じ。私もああなれたらいいなぁと常に考えています。

 でも、それもけっして夢ではないと思っています。私は高校を卒業してすぐの入社でしたが、先輩たちがいろいろと親切に教えてくれるので、不安もなく、とても働きやすさを感じています。みんなで助け合って仕事をしていこう、というムードがこの会社にはあるように思うんです。

ページトップへ

お客様のニーズを満足させられる柔軟で新しい発想が求められる [バイク便営業/東京本社]
voice004

 バイク便を利用して頂くための営業を主に担当しています。この仕事のやり甲斐を感じるのは、当然の事ながら契約が成立した時ですが、とくに充実感を覚えるのは、それまで他社のバイク便を利用していたお客様が、我が社と契約してくれた時ですね。この業界には大小合わせて200社ほどのバイク便がありますが、その中から我が社のクォリティの高さを再認識してくれたということですから。

 『セルート』が多くのお客様に支持されている理由は、東京都内や近隣地域だけではなく、全国各地の配送に対応しているということと。人材派遣をはじめとした、バイク便プラスアルファのサービスが可能だということです。お客様に満足していただくことをモットーに、業界ナンバーワンを目指していきたいと思っています。

 そのために求められていくのは、柔軟で新しい発想です。たとえば私たちは、電車やバスの車内を定期的に巡回して中吊り広告を撮影し、"このようなカタチで雑誌(や商品)が掲載されています"と、広告代理店に情報を提供するサービスを行っています。また時には電車を利用した配送を行なったり。ニーズに併せた営業スタイルが要求されてきているのです。

 そうしたアイデアを受け入れ、具現化していくためのサポート体制がしっかりしているのも『セルート』の特長であり、また魅力のひとつだと言えます。

ページトップへ

早い時期からさまざまな経験を積ませてもらえる会社です [BPO (アウトソーシング) 営業/東京本社]
voice005

 ユニット型派遣をメインに、派遣導入の提案をするのが仕事です。といってもその内容は、たんに新しい取引先を開拓したり、契約いただいたお客様のフォローをするというだけではありません。

 派遣スタッフの募集から面接、採用、紹介まで。さらにその後のケアも受け持っているんです。

 通常であれば営業は契約を取るだけ、面接はコーディネーターが担当、というように役割が分担されますよね。でも、派遣スタッフの採用から関わることで、仕事の流れをすべて把握することができます。だから、お客様が求めている人材に適したスタッフを派遣することができるし、またスタッフからも信頼が得られる。人と人との繋がりを大切にしながら仕事をすることができるんです。

 入社して今年で3年目。現在の部署に配属されてまだ2年目なんです。一般にはまだまだ新人と言えるかもしれない。でも、このように早い時期から、アプローチからフォローまで幅広くいろいろな経験を積ませてもらえる会社って、なかなかありませんよね。ヤル気と充実感が正比例していく感覚が持てるとでも言えばいいのかな。受け身でいるよりは前向きに、何にでも興味を覚える。そんな性格の人にとっては『セルート』は面白い会社だと思います。

ページトップへ

ただ、HACOBUのではなく、お客様との信頼関係を大切にしていきたい [バイク便ライダー]
voice006

 『セルート』では現在およそ200名(本社)の契約ライダーが在籍し、業務委託という形態で配送を行なっています。私もその中の1人として、配送に関わっています。

 日々、一都三県を中心に、状況によっては全国各地への配送を行なっています。利用し慣れているお客様はもちろん、初めて利用されるお客様からの「ありがとう」の一言をもらうと、気持ちがいいですね。

 やはりバイク便という仕事は、人あってのモノですから。ビジネスとしては割り切れていないかもしれないけれど、信頼関係を強く築いていくことが大切だと思うんです。たとえそれがそのとき限りだとしてもです。ですから私たち契約ライダーは、いつも荷物の持つ意味を考えています。例えば、お預かりした荷物が、見た目はヨレヨレの封筒かもしれないけど、中身は大切な原稿かもしれない。これは決して大げさではなく、この世にたったひとつの物を常に運んでいるというプロ意識ですね。あとは、常に運転するので運転技術はもちろん交通ルールを守ることに関してもプロとして常に意識しています。

 配送を依頼されるお客様は、やはり出版関係などが多いのですが、珍しいケースではパスポートを配送したことがあります。

 依頼主の娘さんが突発した仕事で海外へ出張することになったが、急いでいたためパスポートを忘れたことに空港で気付き、事情を知った依頼主である母親が『セルート』にパスポートを空港まで届けてくれと電話してきたんです。結果、フライトぎりぎりの時間に何とか届けることができて、娘さんは泣いて喜んでくれました。いつもと同じ配送をしたとだけと思っていた私は、とても充実した気持ちになりましたね。つまりそれなんだと思います。この仕事の醍醐味って。

 荷物を届けて喜ばれた時の達成感がたまらないですね。

ページトップへ

お客様に喜ばれる仕事をしたい。シンプルだけど大切な目標です [検体輸送スタッフ]
voice007

 医学分野で検査の材料となる血液や髄液、尿や組織の一部など検体というのですが、私はこの検体を全国エリアで回収するメディカルチームに所属しています。チームは営業、専属の配車・オペレータースタッフ、回収スタッフで構成されています。

 検体は生き物と同等に扱われるべき物で、採取してから24時間以内検査しないと全く意味をなしません。データが抽出できずにそのまま廃棄処分となってしまうのです。ですから時間内に配送するということがとても重要になってきます。

 たとえば関東近県の病院で採取した検体を都内の検査会社に配送するというのなら、時間的に問題はないでしょう。ところが、それが北海道の病院から採取した検体を24時間以内に東京まで配送する場合には、時には大変な労力を伴うこともあります。それは台風などで飛行機が欠航になったというような、不測の事態が起きた時です。そして、その事態は、実際に札幌で回収した検体を都内まで配送しようとした時に発生しました。何としてでも間に合わせるために、夜行列車に乗って陸路で運び、どうにか時間内でお届けすることが出来ましたが。

 大きな責任があり大変な仕事だと思います。でも、お客様から「あの状況でよく運んでくれた」と感謝して頂けると、もうチーム全体で喜んでしまいますね。この“感謝される”ということが私にとって仕事の生き甲斐になっています。

ページトップへ

チームワークで仕事を成し遂げる難しさと楽しさを学びました [派遣スタッフ(通関・物流)]
voice008

 登録で訪れたときに感じた『セルート』のイメージは“皆さん、仲がいいな”ということでした。それで働き始めたら、やはりその通りでしたね。社員の平均年齢は28歳。互いに相手を敬う気風があり、明るく雰囲気がいいんです。現在は国際貨物会社の物流センターで、5名の派遣スタッフのリーダーを任されています。

 センター内では全国から集まってきた荷物をチェックし、仕分けた後、通関に向けて搬出するまでの作業を行っています。どの仕事でも同じことが言えますが、やはりミスは許されないので、初めは内容を覚えるだけで精一杯でした。

 けれども、実はそれ以上にプレッシャーを感じたのが、スタッフとの付き合い方。彼らは全員私よりも年上で、なかには一回り以上年が離れている方もいます。それぞれ考え方の違うスタッフをひとつにまとめていくのは、正直大変だと思いましたね。

 でも逆に、その事が大きな目標にもなったんです。同じチームの仲間として、上下関係なくみんなで協力し合って仕事を成し遂げていくという。

 業務にはマニュアルがありますが、人間関係にはそのようなモノはありませんから時には悩んだりして。ただ、本社の気風がとても参考にはなりましたが。

 これからの目標は、どのような仕事にも対応でき、誰からも信頼される人材を育成することですね。人材派遣会社といえば『セルート』と言われるようになりたい。会社の雰囲気はとてもいいと感じています。

ページトップへ

『セルート』の派遣スタッフとして働いてみてよかった [派遣スタッフ(事務・物流)]
voice009

 『セルート』のユニット型派遣スタッフとして今の職場で働きだして2年になります。物流関係の事務職でデータ処理が主な仕事です。

 それまでの私はアルバイトの経験しかありませんでした。接客業をしてはいたものの、ビジネスマナーやパソコンの操作にはあまり自信がなかったのです。けれども会社がスキルアップセミナーを用意してくれていたので、職場でも存分に活かすことができ、自分の中での引き出しがたくさんできたような気がします。

 とくにパソコンに関してはスキルがアップしたと感じますね。仕事に就くまでは、自宅でインターネット検索をする程度だったので、文字入力くらいしかできなかったのです。現在、仕事をしながら教えて頂くのとは別に、無料でスクールに通わせてもらっています。Wordの文章構成や、Excelで関数を使った計算などを学ぶことができ、仕事の幅も大きく広がりました。

 さらに『セルート』の派遣スタッフになってよかったと思えることが2つあります。まずは規則正しい生活ができるようになったこと。当たり前の事のかもしれませんが、就業時間が正しく守られていることで、1日の生活リズムが整い、仕事とプライベートをきちんと分けることができます。

 それから職場では『セルート』の社員も出向して一緒に働いているので、私たちとともに仕事の大切さを理解し合えたり、仕事のことだけではなく、さまざまな相談にものってもらえるので、見守られているという安心感があります。だからどの派遣スタッフも楽しく長期間勤めているのだと思いますね。

 仕事を続けてきて、最近ではその面白さをより多く感じています。これからは信頼できる社員の方に頼りにされるよう、さらにしっかりと働きたいと思っています。

ページトップへ